ダイエットに効果的なウォーキング方法

ダイエットのためのウォーキングは単なる散歩ではありません。蓄積された体脂肪をウォーキングで燃やすには、運動になる体の動かし方を覚えましょう。姿勢を正すことがよいウォーキングの基本ですので、猫背は直し、背筋をピンと伸ばしてよい姿勢でのウォーキングをしましょう。全身の筋肉を効率よく動かしてダイエットに役立てるには、背中を屈めて前方にかがむ姿勢にならないようにすることです。いつもよりも、心もち広い歩幅で歩くことも、ウォーキングで心がけたい点です。2歩歩くと身長と同じくらい進めるような歩き方を心がけます。いつもより30%ほど大きな歩幅になるようにするといいようです。正しい姿勢で大きく一歩を踏み出すと、スピードもアップします。ダイエット効果を上げるためには早足でのウォーキングがお勧めなので、歩幅に気を配る以外にも腕を振るなどして意識的にスピードを上げていきましょう。視線をまっすぐ前に向けることか、ウォーキングでのポイントです。ウォーキングをしていても姿勢がまっすぐにならない人は、視線が下を向いていることがあります。姿勢やスピードの崩れはダイエット効果にも支障が出ますので、全身を鏡に映すなどして姿勢チェックをしてみてください。健康的なダイエットを目指すならば、ウォーキングによる全身運動を続けて脂肪の燃焼しやすい体を作り、全身の体型から変えていくことが有効です。

Copyright © ダイエットに効果的なウォーキング方法 All rights reserved